株式会社 東京木材相互市場 木材流通のパイオニア/木材をプレカット加工/木材市場業/オレンヂシステムで家づくり 〒179-0081 東京都練馬区北町6-32-36 / TEL:03-3934-4118 / FAX:03-3934-4126

木材:性質と用途(問屋と木材)

木材の用途(木造住宅)

構造材

住宅の構造性能の主役。主要構造材の1棟当たりの材積は10立米程度と、大量に使用するので経済性も考慮したいものです。
⇒針葉樹系が適している

内装材

人肌に触れる生活空間での内装材には、ゆらぎ感を与えてくれる杢理があり、キズにも強いことから広葉樹が好まれます。

構造材

構造性能≪耐震性・耐風性・耐久性≫、加工性、コストセーブが重要。
主要構造材としては、縦方向の柱と水平方向の梁・土台などで、構造強度へは下記の力の作用を考慮する必要があります。

  • 縦方向の柱は、上からの圧縮力に耐え、地震のとき発生する引張り力にも耐えなければならない
  • 水平方向の梁は、両端を下層の柱が支えてくれるが、中間点では上からの曲げの力に耐えなければならない
  • 土台は基礎の上に敷かれ、土台の上に立てられる柱から下に押される力が加わる減り込みや、その他横圧縮の耐えなければならない

ページトップへ

適材適所

用途別の典型的な使用樹種
構造材 土台 ヒノキ、ヒバ、米ツガ(防腐注入)
ヒノキ、スギ、米ツガ
スギ、米マツ、マツ
スギ、米マツ、米ツガ
母屋 スギ、米マツ、米ツガ
垂木 スギ、米マツ、米ツガ、エゾマツ
内装材 造作材・建具材 スギ、ヒノキ、米マツ、米ツガ、米スギ、スプルース

ページトップへ

樹種の特徴と適正箇所

針葉樹~国産 主な特徴 適正箇所
スギ 代表的な日本の樹木 柱、母屋、天井板、床板、造作
(樹皮は屋根葺材に使用)
特有の芳香あり
ヒノキ 良質な万能材 柱、土台、天井板、欄間、敷居、長押、縁板
(樹皮は屋根葺材に使用)
長期の水湿に耐える
針葉樹中では成長が遅いため割高
ツガ(トガ) 硬く、まっすぐな木目 柱、土台、床柱、天井板、敷居、鴨居
天然材が減り貴重
赤松 ヤニを含むので手の触れない部材に使用 梁など手の届かないところ、敷居、床板
ヒバ(アテ) 湿気とシロアリに強い 土台、軒周り、浴室、ぬれ縁
特有の強い芳香を持つ
産地/ヒバ:青森、アテ:石川
唐松 信州に多い 外壁、床材、土台、杭
天カラ(老齢で成長が遅くなったもの)は造作材
入手しやすく割安
エゾマツ 北海道など寒地に分布 建具、柱
淡い木肌が好まれる
サワラ 水に強い 外壁材、屋根葺き材、造作
ヒノキの代替とされる
針葉樹~外国産 主な特徴 適正箇所
米ツガ
( ヘムロック )
国産のスギ材と同様の用いられ方 柱、土台、桁、造作材
米ヒバ
(イエローシーダー)
国産のヒバに似た独特の香気あり 土台、床板、建具、水周り、外装、軒裏
水に強い
米マツ
(ダグラスファー)
北米材で最も輸入量が多く、赤松の代替とされる 桁・梁、建具、合板、ログハウス
スプルース
(ベイトウヒ)
材質は日本のエゾマツと似ている 柱、内部造作、建具
ホワイトウッド
(ドイツトウヒ)
北米産のスプルース類の代替材 柱、梁、建具、下地材、造作材
他のパイン材と比較すると、節は小さく目立たない
国産~広葉樹 主な特徴 適正箇所
ケヤキ 美しい木目を持ち人気が高い 大黒柱、床の間地板
量が少なく高価
重くて硬くて、土台に最適 土台、ぬれ縁、上がり框、床柱
最近は量が少なく高価
熱伝導小さく燃えにくい 天井板、欄間
吸湿性、吸水性が著しく大きい
ブナ 重硬で均質 床板、造作材
腐りやすく、狂いも出やすい
ミズナラ(ナラ) 年輪がはっきりしている 床板、建具
硬いため、加工が難しい

ページトップへ